カテゴリ:社長の投稿( 122 )
熊本の美味いカレー⑦

『nico(ニコ)』

カレーの話はこの辺で一区切りとさせていただきます。
美味しい店も未訪問の店もたくさんあるのですが、
話題が偏るのもね、って事で。
e0184224_08581465.jpg

ラストには満を持して、近頃一押しのお店です。
場所は宇土駅の真ん前にあります。
『スパイス&カフェ nico』さんです。
外装も内装も完全にお洒落なカフェ、
宇土駅前で浮いて…もとい目立ってます。
e0184224_08583550.jpg
カレーの種類がとても豊富でして、
その中で「ヒゴベジカレー」と
「禁断のポークビンダルー」が私の推しです。
県産野菜てんこ盛りのベジカレーは
食べ応え満点なのにご飯込みで何と500㌍未満!
美味いのに体にもイイ感が得られます。
ダイエット中の後ろめたさ、ほぼゼロです。
e0184224_08585275.jpg

真逆のビンダルーには角煮のような豚バラが
ゴロゴロ入ってて、スパイシーなソースと
最高の相性!肉喰った満足感が得られます。

他にもキーマやチキンなど豊富なメニューがあり、
その時の気分と体調で、メニューを選ぶ楽しさも
このお店の素晴らしさです。
店主ご夫婦の人柄も爽やか、宇土の名店です!

                  塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2018-08-06 09:02 | 社長の投稿 | Comments(0)
読書日記 燃える水 河合莞爾著

e0184224_08103809.jpg

水が燃える?そんな馬鹿な、と普通は思います。
水って水素が燃えて出来た結果のモノだし、
水の水素と酸素を分離するには莫大なエネルギーが
必要だ、という話も聞いた事もあります。
ただ、昔から燃える水をネタにした詐欺は
繰り返し世の中を騒がせてもきたそうです。

もし水が燃えてエネルギー問題が解決したら、
本当にハッピーなのでしょうか?
水が燃えることは絶対無いと言い切れるのか?

小説の筋は一切言いませんが、
とても面白いストーリーでした。

この作家さん、熊本出身らしいのですが
どの作品も実に楽しいです。オススメです!

                塚田一成k

[PR]
by tuho-nori | 2018-07-20 08:11 | 社長の投稿 | Comments(0)
熊本の美味い!カレー⑤
e0184224_09323211.jpg
『lion curry(ライオンカレー)』


熊本市中央区本山町、マルキン食品さんの
すぐ近所にあるカレー屋さんに行きました
テレビやネットの噂で「めちゃくちゃ美味い!」
あるいは「全くの新ジャンルのカレー」とか
絶賛の嵐だったので、私のハードルは
極限まで上がっておりました
オーダーしたのはチキンカレーセットに
半熟スパイシーエッグをトッピング

できあがったカレーのビジュアルが凄い!
バターチキンらしいルーの上には
オニオンスライス、砕いたナッツ、ネギ、ハーブ、
そして黄身を覗かせたポーチドエッグが
立体的に盛り付けられて実に綺麗です
セットのサラダにかかったドレッシングも
スパイシーで魅惑的な美味さです
付け合わせはアチャールとピクルス、
なぜかバナナチップスもついてます
そして本体のカレーが美味いっす!
各種スパイスが複雑かつ精緻に組み合わされ、
ルーのコクと絶妙の交響曲を奏でています
思わず「こりゃ美味いや!」と唸って、
夢中で掻き込み続けました

他にも多彩なメニューがあるので
リピート確定です

また、「辛さの調整はしてません」という
店主さんの言葉に、ベストなスパイス配合を
してみせる、と言うカレー職人の矜持を感じました

             塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2018-06-19 09:34 | 社長の投稿 | Comments(0)
熊本の美味い!カレー④
e0184224_08300826.jpg
『田迎カレー&ミート』
旧浜線にカレーが美味い店があるという、
もっぱらの噂を小耳に挟んだので、
ランチタイムに行ってきました
昼はカレー、夜は焼肉がメインのお店だそうです
カウンターだけのこぢんまりとした店内、
とてもフレンドリーな雰囲気も接客もgood!

オーダーしたのはハーフ&ハーフ、
和風山椒牛キーマと田迎バターチキンの
コラボメニューでした

山椒と三ツ葉が効いたキーマと、
濃厚なバタチキのコラボは肉感が抜群!
食べ応えの満足感に、さすがは
オオツカグループだと思いました。

               塚田一成


[PR]
by tuho-nori | 2018-06-08 08:32 | 社長の投稿 | Comments(0)
熊本の美味い!カレー③

今回紹介するのは近見の路地にある
『カレーとラーメンの店 天さん』さん
店名の通り、日本の二大国民食を両方
二枚看板にしておられます。

ラーメンではとても個性的な新メニューを
次々に発表され、美味しくて楽しいお店です。
e0184224_07541059.jpg

写真は天さん流にいう『勝カレー』です
所謂カツカレーであります。
ラーメンとは違い、奇をてらわない
清く正しく、スパイシーで香り高い
実に美味しいニッポンのカツカレーです。

ここでの圧倒的なオススメは
ラーメンとカレーのセットメニュー各種
600円程度からという圧倒的コスパ!
値付け正しいのかな?と思うほどです。

そして最大のウリは大将のお人柄です
明るくて優しいおやっさんに惹かれて来る
客(私含む)多数です。

           塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2018-05-10 07:57 | 社長の投稿 | Comments(0)
熊本の美味い!カレー②
e0184224_08014437.jpg
図書館は私の重要な立ち回り先です
ホームは城南図書館ですが、
大江の本館へも週一ぐらいは通っています
その駐車場の真ん前にあるカレー屋さんが
『インド食堂』さんです。

フレンドリーな御夫婦で営まれている
可愛らしいお店はエキゾチックな雰囲気で
きっとインドの街角そのものなんでしょう。
(行ったこと無いので断定できませんが)

ランチメニューはシンプルそのもので
野菜だけの「ベジタリアン」と
肉を使った「ノンベジタリアン」の二種類
写真はノンベジタリアンのチキンカレーです。

薄い煎餅みたいなのを砕いて、
添えられたスープと一緒にサフランライスに
全部かけ、カレーを少しずつライスに混ぜて
スプーンですくっていただきます。

絶妙にブレンドされたスパイスの刺激と
香りが、インドから吹いてきた風のように
食べている間中、包み込んでいます。

             塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2018-05-02 08:07 | 社長の投稿 | Comments(0)
熊本の美味い!カレー①
 私、カレーがマイブームです。

本日よりお気に入りのお店を紹介します。


1軒目は街中にある『たごカレー』さん。

夜の繁華街、クラブ通りにあるビルの2階です。カウンター5席とボックス席が2つ。こじんまりとした店内には芳醇な香りが充満してます。

e0184224_08062120.jpg
写真は『チキンカレー』です。

絶妙にブレンドされたスパイスが立ちまくり! 辛口をオーダーしたらしっかり辛くて、私にはドストライクでした。

以前南熊本にあった某店をインスパイアされておられるとのことですが、こっちの方が美味い!と私は思います。

まだのさってない『ラムカレー』を次回こそ食べたいです!

                     株)通宝   塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2018-04-24 08:26 | 社長の投稿 | Comments(0)
読書日記 愛を乞う皿 田中経一著
e0184224_08431439.jpg


大正から昭和にかけ、書に始まり、木彫、篆刻、
そして料理と、それを乗せるための陶磁器と
幅広い才能を発揮した希代の天才芸術家
北大路魯山人の生涯をミステリータッチで
綿密かつテンポ良く描いています。
最晩年の魯山人最後の秘書を道化回しに
余命幾ばくも無い魯山人の生涯を記録すべく
魯山人に影響を与え、逆に人生を変えられた
7人の人間を訪ね歩く構成で
魯山人という天才はいかにして作られたが
最初からラストまで引き込まれました。

某・漫画に出てくる海原雄山の顔が浮かび、
頭の中でビジュアルに変換されました。

今年になってのNo.1!これはオススメです!

塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2018-03-23 08:50 | 社長の投稿 | Comments(0)
盤上の向日葵
e0184224_13055457.jpg

『読書日記 柚月裕子著 盤上の向日葵』

天才中学生棋士の活躍で将棋ブームであります。
その将棋の世界と本格派ミステリーをミックスした
エンタテインメント小説を紹介します。

二人の天才棋士の因縁と対決、伝説の将棋駒、
身元不明の白骨化した変死体、地を這う捜査、
将棋に興味が無い私でも存分に楽しめました。
(棋譜はとばして読みましたが)

最後まで一気読み必至です。

通宝 塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2018-02-16 12:52 | 社長の投稿 | Comments(0)
琥珀の夢
e0184224_17132489.jpg

私が最も憧れ敬愛する企業サントリーを創業し、
日本に洋酒という文化をゼロから築き上げた
筋金入りの大阪商人の伝記です。
「やってみなはれ」の言葉が表すチャレンジ精神
丁稚時代に築いた大阪船場の商人魂
それらは企業のDNAとしてその末裔に
引き継がれていく様が描かれています
伊集院静さんの読みやすくテンポの良い
文章が分厚い上下2巻を一気読み必至です。

図書館で借りて読みましたが、家族にも
ぜひ読んで欲しくて購入しました。

                 塚田一成

[PR]
by tuho-nori | 2017-12-06 17:15 | 社長の投稿 | Comments(0)