人気ブログランキング |
2013年 09月 15日 ( 1 )
こんにちは。鹿児島駐在の中村です。
さて、先月の8月18日に全国的にもニュースになりました桜島の大噴火ですが、
噴煙の高さは2006年からの活動が再開して以来、最も高い5千メートルの大噴火でした。
今回は、鹿児島ならではの物をご紹介します。
一定以上の降灰が確認されると
克灰袋(こくはいぶくろ)
というものが、役所から家庭に配布されます。
家庭では降灰を克灰袋にいれ降灰指定置き場に置くと役所が回収することになっています。
e0184224_10475415.jpg

以前は「降灰袋」と書かれていましたが、
克服するという願い
から
現在は「克灰袋」と書かれています。
鹿児島では、灰が降った翌日以降は克灰袋が道路の隅にたくさん積上げられている光景が見れます。
e0184224_1048193.jpg

by tuho-nori | 2013-09-15 10:49 | 最近の出来事 | Comments(0)