人気ブログランキング |
2012年 09月 03日 ( 1 )
東京ラーメンストリート!
みなさんこんにちは。
通宝海苔 社長の塚田です。


今回の東京出張編、取りあえずの最終回であります。

締めくくりはやはりラーメンでしょう。
東京には多くのラーメンテーマパークがあります。熊本にも下通ダイエーにしばらく存在したのですが、採算が合わなかったのでしょうか、数年で撤退しました。(かなりの実力店が入っていたのですが・・・)人口、即ち消費規模の差は比較になりませんね。
そんな中で比較的新しい『東京ラーメンストリート』を訪問しました。場所はただ今改装中の東京駅、その地下に広がる東京一番街の一角にあります。行列を予想して朝の10時半に到着、有名な行列店「六厘舎」には開店30分前にもかかわらず20人以上の行列が!平日ですよ!さすがですね~
行列嫌いの私は8店舗あるお店の前をぐるっと巡回したら、もう開いているお店を発見し、喜び勇んで『塩専門ひるがお』さんに入店、オーダーしたのがこれ↓
e0184224_11394659.png

塩つけ麺-800円であります。(連食覚悟の並盛り)
ここはラーメン界のカリスマが経営する「せたが屋」グループの塩ラーメン専門店です。
平打ちの太麺に点在する茶色い粒は全粒粉?つるんとした喉ごしとしっかりしたコシ、小麦の良い香りもしっかり立って実に美味しい。付け汁はその名の通り塩ベースのタレと、しっかりとられた魚介の出汁が見た目以上に深い味わいで特徴ある太麺をしっかりと受け止めます。写真がヘタなので見えませんが、付け汁の中には大きめの拍子に切られたチャーシュー、メンマなどがふんだんに隠れています。満足!


ここまで来たからにはもう一軒と選んだのが『斑鳩』さん、これまた行列で有名な九段にある斑鳩の東京駅店です。
開店直後と言うことで運良く並ぶこともなく入店しオーダーしたのがこれ↓
e0184224_1140533.png

やや暗かったのでいつにもましてボケボケですが一番デフォの「らあ麺」-750円です。名店らしく綺麗に盛りつけてあります。スープはドロッとしたかなりの粘度の豚骨魚介出汁、レンゲ無しでも麺に絡みつくほどの濃厚さです。豚臭さや魚臭さは微塵も感じないのは高い技術と惜しみなくかけられた手間ゆえなんでしょう。
麺は九州レベルから言えば太めのストレート、モチッとした歯ごたえはスープとの相性が抜群だと思いました。長~いメンマや年輪のように脂身が綺麗なバラチャーシュー、九州ラーメンではあまり見かけないナルト、繊細な美しさとパワフルな美味さのコントラストが面白い一杯でした。
今度こそ満腹!

PS:ちなみに2泊の出張で正味1㎏増量しました。 一週間で元に戻しました。
by tuho-nori | 2012-09-03 11:41 | 社長の投稿 | Comments(0)