人気ブログランキング |
2010年 03月 05日 ( 1 )
ドゥルー女史顕彰碑
こんにちは、通宝海苔海洋研究所の池田です。

e0184224_1048879.jpg先日、宇土市住吉町にある『ドゥルー女史の顕彰碑』を訪ねてきました。
ドゥルー女史(1901~1957)は海苔の胞子が春から秋まで貝殻の中に潜り込んで夏を過ごし、秋に貝から飛び出して海中を浮遊することを発見したイギリスの海藻学者です。現在の人工養殖の生みの親であり、海苔養殖の発展に大きく貢献をしました。e0184224_10484150.jpg

この顕彰碑は、有明海に面する海岸沿いにある海上安全の祈願所・住吉神社の少し下にあります。海に浮かぶ海苔の養殖場や、長崎島原の普賢岳も海の向こうに眺めることができます。(私が行った時は霞んでいて、残念ながら見えませんでした。)
               うっすらと見えるでしょうか・・・普賢岳
e0184224_1163541.jpg

                  

e0184224_10493450.jpg「たはれ島」という伊勢物語、枕草子にも詠まれたという島があったり、満潮時には海の中に消えてしまう「海床路」があったり、「あじさい園」があったりと、宇土の観光スポットでもあります。e0184224_10501630.jpg




入口は少しわかり難いですが、57号線を天草方面に向かっていると右手に鳥居がありますので、そこをくぐると辿り着けますよ。
by tuho-nori | 2010-03-05 11:10 | Comments(0)