人気ブログランキング |
2009年 10月 13日 ( 1 )
創業の歴史8   ~アマチュア相撲の勝敗は?~
こんにちは、通宝海苔社長-塚田です。
早速、先週の続きといたしましょう。

飽託郡の相撲大会で順調に勝ち進んだ創業者。午前中に行われた団体の部、決勝で当たるのは前回の覇者でもあり、当時アマチュア相撲の横綱と言われていた中上氏率いる北部村チーム。
二勝二敗で迎えた大将戦はもちろん中上氏と創業者。結果は・・・

「全く組ませてもらえなかった。当たったと思ったらすぐに突き出された。」体格差はいかんともしがたかったようで、身長こそさほど見劣りはしなかったものの、体重差が30キロ以上はあったそうです。
午後からの個人戦。順当に勝ち残った創業者に決勝で立ちはだかるのはまたもや中上氏。「何とかまわしを掴む」事だけを考えて立ち会うも、猛烈な突き押し相撲の前にまたもや敗れ去り、「とにかく悔しかった」そうです。

あれから約五十有余年、創業者と中上氏は今もサウナ友達です。
中上氏の回想。「まわしだけは取らせるな、と監督から厳しく言われた。くっつかれたら投げられるぞ、と。」

次回からはなぜかエンジンとか車の話。日本が誇る内燃機関のイノベーションを支えていたのは農家や漁師だった!
by tuho-nori | 2009-10-13 08:48 | 社長の投稿 | Comments(0)