読書日記 日本国紀
e0184224_10270061.jpg
百田尚樹さんの【日本国紀】を読了しました。
永遠の0や海賊と呼ばれた男などのベストセラー小説で
有名な百田さんが、縄文期から現代までの日本の歴史を
丁寧に、そして客観的に、とても興味深く綴った一冊です。
学校の教科書や、これまでの歴史本には書かれていない、
数多くのエピソードや内幕話が散りばめられていて、
「そういうことだったのか!」と腑に落ちることしきりでした。
特に今を生きる若者にオススメの名著だと思います。
私は3人の息子にそれぞれプレゼントするつもりです。

                    塚田一成

by tuho-nori | 2018-12-14 08:09 | 社長の投稿 | Comments(0)
<< 今年もあとわずかですね 娘のお弁当作り >>