人気ブログランキング |
上海紀行♪
e0184224_09205718.jpg
二の丸事業所の佐分利です。娘一家が住む上海に行ってきました。

中国一の大河、長江の支流である黄浦江が流れる町上海。アヘン戦争後の開港を機に欧米諸国が訪れるようになり”東洋のパリ”とも呼ばれました。租界(外国人居留地)の広がりとともに繁栄してきた港町です。黄浦江西岸の外灘(ワイタン)エリアの町並みは当時の威風堂々たる洋館が立ち並び美しい景観を作っています。現在はその洋館建築を保存しレストラン&バーとして活用するところもあり、気鋭のシェフが作る西洋各国の料理やワインも楽しみですが目前に広がるパノラマビューもごちそうです。

 一方、浦東(プードン)エリアはビジネス街。タワーや高層ビルが刻々と出現しており、アジア有数の大都市として変貌を続けています。6月にはアジア最大級のディズニーリゾートもオープン。福岡から空路2時間弱のお隣です。この海辺の大都市にはなんと4万人もの邦人が移住しています。日系のタワーマンション敷地内には学校や病院、スーパーなどが充実しており一応日本食材も整っています。もちろんお米もあります。いざ、ふりかけ輸出!なあんて考えたものでした(笑)躍動する上海から目が離せません。

by tuho-nori | 2016-11-24 09:37 | 観光 | Comments(0)
<< クリスマスイルミネーション わが心のジェニファー >>