「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『砂蒸し温泉』
みなさんこんにちは、鹿児島駐在の中村です。
最近、特に寒くなってまいりました。こんな時期は、温泉にかぎります。
という事で、今回は鹿児島の数ある温泉の中で、特にめずらしい
鹿児島の指宿(いぶすき)、山川にあります、砂蒸し温泉について御案内しようと思います。
砂蒸し温泉とは、約300年昔の元禄16年(1703)頃から行われていました。
また、150年以上昔の天保14年(1843年)に編さんされた「三国名勝図会」にも、そのすばらしい効能が記述されています。
入浴の仕方ですが、まず更衣室にて、全裸の上に浴衣を羽織り、そのまま外の砂浜に行きます。
するとテントがずらっと並んでおり、案内にしたがい砂の上に仰向けで寝ます。
係りの方が、どんどん砂をかけてきます。そのまま約10分ぐらいで、じわりと汗が出て来ますので
我慢できなくなってきたら、自分で砂を落とし出ます。
その後、室内にある温泉にて砂を落とし、ゆっくり湯につかり終わりです。
だいたい、20分から30分ぐらい、砂の中にいるのですがけっこう汗が出ます、デットクス効果は抜群にあると思いますので一度、砂蒸し温泉に入りに来て下さいね。
e0184224_8362093.jpg

[PR]
by tuho-nori | 2013-01-31 00:32 | 紹介 | Comments(0)
~魅惑のドライエージングオーシャンビーフ 赤身肉の究極ここにあり~
東京出張のお楽しみと言えば、世界一のグルメシティならではの食探訪であります。
もちろん高額を出せば高品位の食にありつくのはそう難しいことではありませんが、私の私的な予算は限られていますので普段の情報収集が極めて重要です。2,3年前から気になっていたドライエージング赤身肉がウリのお店に行ってきました。
麻布十番にある『ワカヌイ』さん。超高級住宅街の一角にひっそりとありました。
エントランスには大きな熟成庫があり、たくさんの肉が眠りながら熟成を重ねています。
e0184224_15222844.png

10以上のテーブルがある広々とした店内の雰囲気はお洒落で都会的です。
オープンキッチンには3,4人の料理人さん、ホールにも4,5人のスタッフさんがいて隠れ家と言うには結構大箱のお店です。
ランチタイムだったのでハンバーグなどもありましたが、やっぱりオーダーするのはオーシャンビーフのステーキ500㌘!であります。これ↓
e0184224_1523319.png

ニュージーランド産アンガス牛のリブアイを最高の状態まで熟成させ、炭火グリルで豪快かつ繊細に焼き上げた逸品です。肉の廻りは黒くなるくらいカリッとクリスピーに、中はほんのりと熱が入っていますが、完全なレア状態、いわゆる「ブラック&ブルー」私が最も愛するステーキの姿です。
熟成のプロの手により最高のコンディションに達したNZビーフは言うまでもなく最高の美味しさでした。赤身を噛みしめた時の旨味と香りを存分に堪能しました。
とろけるような霜降りの黒毛和牛は日本が誇る肉の芸術品だと思いますが、なんと言っても高価格だし、サシが強すぎてたくさんは食べることができません。私のようにガツンとたくさん食べたい派、予算にさほど余裕がありません派には比較的手ごろな価格でいただける赤身肉は最高のご馳走です。

通宝海苔社長 塚田でした。
[PR]
by tuho-nori | 2013-01-28 15:25 | 社長の投稿 | Comments(0)
『節分には、通宝海苔で巻いた手作り巻き寿し丸かぶり~♪ 』
巷のコンビニエンスストアでは、節分丸かぶりのポスターが大分目立ってまいりました。
そもそも節分丸かぶりの由来は、節分にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされ、太巻き、丸かぶり寿司、恵方寿司、恵方巻、吉方巻き、等とも呼ばれています。恵方巻きの「恵方」は、陰陽道でその年の干支によって定められた最も良いとされる方角のことで、その方向に歳徳神(としとくじん)がいるといわれ、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、恵方に向かって無言で一本丸ごとの海苔巻きを丸かぶりすることから、「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」と呼ばれるようになりました。巻き寿司を切らず一本丸ごと食べるのは「縁を切らない」という意味が込められており、七福神にちなんで「かんぴょう」「きゅうり」「伊達巻」「うなぎ」など七種類の具材が入れられ、「福を巻き込む」という願いも込められています。恵方巻きの起源は、江戸時代末期、大坂の船場で商売繁盛の祈願をする風習として始まったものといわれるが、正確な起源は未詳。この風習は一時廃れたが、1970年代後半に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行ったイベントによって復活し、関西地方では一般的な風習となったそうです。1990年代前半には一部のスーパー、1990年代後半には一部のコンビニで全国販売されるようになり、2003年~2004年には全国のスーパー・コンビニで販売され大きく宣伝されたことから、節分に恵方巻きを食べる風習は急速に全国へ広まっていきました。

巻き寿司を買うのも良いのですが、せっかくなので手作り巻き寿司を作ってみてはいかがでしょうか?
スーパーさんの売場でも、節分丸かぶりのコーナーが出来てきていますよ。
e0184224_91043.jpg


通宝海苔 中川達也
[PR]
by tuho-nori | 2013-01-24 00:00 | 季節 | Comments(0)
~築地場外の超穴場寿司は我らがお得意様~
通宝海苔社長 塚田です。

テレビショッピングへの出演のため東京に行ってきました。
せっかく上京したので我が社のお得意先「小僧寿し本部」様を訪問しました。去年から築地に引っ越されていて、アンテナショップも兼ねてか場外市場に直営店を出されています。面談の後、せっかくならと少し早めのランチにうかがいました。
お店の名は『鉢巻太助・築地本店』さん。
オーダーしたのはメニューの中で最もゴージャスな「太助の金盛り」-1,690円 であります。これ↓
e0184224_1174290.png

大トロ、スミイカ、中トロ、真鯛、コハダ、数の子、サーモン、カンパチ、帆立、ボタン海老、いくら、ウニ、卵焼きの13カンでこの値段はお得にも程があります。私の経験では、同じクオリティの寿司を頼んだときだと場内の有名店の半値、場外の他のお店より千円以上安いのでは?どのネタもプリプリに新鮮で美味しくいただきました。
[PR]
by tuho-nori | 2013-01-21 11:19 | 社長の投稿 | Comments(0)
失くしてはいけない習慣
明けましておめでとうございます。

お正月には皆さん実家へ帰省され道中渋滞など大変だったと思います。

自分の実家は車ですぐなので帰省というものではなかったんですが、一応顔をみせに帰省しました(笑

正月と言えばおせち料理です。

最近は母親も腕を奮って手作りすることもなく今年も例年通り;;

そこで形だけでもということで、姉が簡単に作ったものをいただきました。
e0184224_947145.jpg

祝い肴三種、口取り、煮物などおせち料理には込められた色々な願いがあります。

受け継いでいくべき習慣は少しずつ時代の流れによって失われつつありますが、失くしてはいけないもの

ですから形を変えてでも子供達へ引き継ぎたいものですね。

営業部 樋口でした。
[PR]
by tuho-nori | 2013-01-19 00:45 | 季節 | Comments(0)
~新年度第一弾はビジュアル系限定麺~
熊本において新年の風物詩の一つに、地元誌-「タウン情報熊本」1月号恒例のラーメン特集があります。半額クーポンが付いてたりもするのですが、ラオタに魅力的な企画がタンクマとのコラボによる限定メニュー『新春プレミアムラーメン』です。
その中から新年一発目のラーメンをセレクトしました。これ↓
e0184224_1713466.png

大江にある「博多麺屋一連」さんの『ベジフル麺』です。
素敵な女性が一人でされているお店なのですが、いかにもって感じの美しいビジュアルがまずは印象的です。
ネーミングの通りいわゆる野菜を溶かし込んだベジポタ系の豚骨スープで、黄色いコーン、グリーンを彩るのはスナップエンドウとピスタチオナッツのペースト、印象的な赤はトマトのコンポートとか。ほとんど絵画の世界ですね。
このお店のノーマルメニューのスープは豚骨のクセを極限まで押さえ込んだまろやかさ(薄いと言うことではない)がウリでありまして、それが見事に野菜やフルーツの甘さとマッチしていました。
写真を取り損ねましたが替え玉には卵黄がトッピングされていて、残ったスープと混ぜ黒胡椒を振って食べるのをオススメされたのでその通りにしたら、見事に豚骨ラーメンのカルボナーラになり、この創作性溢れるメニューを最後まで堪能できました。
幸先の良いラ始めとなりました。本年もよろしくお願いします。

通宝海苔 塚田一成
[PR]
by tuho-nori | 2013-01-15 17:05 | 社長の投稿 | Comments(0)
宝乃湯にて
あけましておめでとうございます。
新年早々からお風呂のリフォームをしています。
そこで近所にある天然温泉の宝乃湯に行きました。
e0184224_1071379.jpg
有馬に近いので源泉が似ているのか、露天風呂は金泉のような濁り湯でまさに宝の湯です。
そこで発見!!
見えにくいのですが、右下に寛永通宝の銭形が!!!
親近感が沸きますよね。
e0184224_10113987.jpg


出費が気になりますが、たまにはいいか!!!
芯までぽかぽかしなりました。
今年もよろしく御願いします。橋本でした。
[PR]
by tuho-nori | 2013-01-08 10:16 | ニュース | Comments(0)